旧車バイクのカワサキ ゼファーχ(ZR400C)紹介~実際に6年間乗り回した実態~

ゼファーχ(ZR400C)と横浜ベイブリッジバイク
退職代行サービス始めました

退職代行モームリならば『顧問弁護士監修×労働組合提携×株式会社の管理』の為、安心安全・確実に業務を実行します。費用は正社員・契約社員22,000円、アルバイト12,000円の格安価格!興味があればぜひチェックしてみて下さい!

\もうムリだ!っと会社で感じたら、退職代行モームリへ/
退職代行モームリのバナー

コロナ禍の巣ごもり需要で一気にバイク市場が賑わってきたとのことです。
ここでは現在は旧車バイクであるカワサキゼファーχを6年前に購入し、乗り回していた、今までの所感やバイクの実態を赤裸々にお伝えします。

この記事でわかること

カワサキゼファーχ(ZR400C)の

  • 購入したバイクについて
  • 外装とカスタム
  • 実際の燃費
  • メリット、デメリット、所感
  • 買って良かったかどうか
タニモン
タニモン

これらが当てはまる方

 ⇒是非ご確認下さい!
疑問点や感想があれば

 ⇒気軽にコメントもお待ちしています。
この記事が良ければ

 ⇒”いいね!・SNSでのフォロー”もらえるとモチベーションに繋がります!

それでは本文をどうぞ!

スポンサーリンク

私が購入したカワサキゼファーχ(ZR400C)

奥多摩周遊道路とゼファーχ
奥多摩周遊道路とゼファーχ
タニモン
タニモン

まず、私が購入した車両について以下に記載します。

購入車の詳細

ゼファー χ(ZR400C)
型式 :BCーZR400C
長さ:208㎝・幅:74㎝・高さ110㎝・重量:200㎞
排気量:400cc

初年度登録:平成19年4月(2007年)
購入時走行:29,300㎞

車検:有り
状態:修復歴・キズ無し・フルノーマル

購入日:2016年2月17日
価格 :約80万円

当時ゼファーχは旧車という程ではなく、価格も手が出るレベルでした。私が購入したバイクは状態が良いフルノーマル車だった為、他のバイクよりは割高でしたが、それでも現在は3万㎞を越える物でも中古購入150万円前後になっています。Z2・Z1といった旧車のような立ち位置になってきていますね。

購入の経緯

6年ほど前に夜中不意に『バイクに乗りたい!』と思って教習を申し込み。
GTOに憧れてこのバイクを探して…大型は持っていないので中型をのゼファーχを購入。

GTOが世代でドラマも漫画も映画も見るほど好きでした。
主人公である鬼塚英吉が普段使いに『ゼファー1100』を乗り、物語の要所では『ZII』にまたがり、颯爽と走る。それがかっこよくてずっと憧れてました。
30代の方なら共感できる人は多いのではないでしょうか。

\あの感動をもう一度/

免許は仕事の合間に教習にいって取得しました。
教習では女性が一人だけいましたが、地方での取得ということもあり、ほとんどが30~40代の方でした。

教習ではめちゃくちゃ緊張するし、自転車とも原チャとも全く違う乗り物というイメージでした。
びびりながらも一発で合格し、会社員でも時間を上手く作れば、何でもできるもんだなと痛感した一件です。

スポンサーリンク

ゼファーχ(ZR400C)のバイクと風景写真

何気ない風景もバイクと一緒に写真を撮るとなぜだか映えますね。
小回りも効くので色々な場所に行けます。
自分のバイクと風景を撮るのが楽しくて、色んな場所に行きました。その中でも首都圏でおすすめのツーリングスポットを記事にまとめているので、気になる方は是非ご確認下さい。

ゼファーχ(ZR400C)のカスタム

お伝えしたとおり、購入はフルノーマルでした。
もったいないので、はじめはそのまま乗り出して徐々に利便性を考慮したカスタムを行っていきました。
▽以下は購入して1年後くらいの状態です。

そこからは見た目も踏まえてマフラーなどのカスタムを行いました。
もう充分にカスタムに満足したので、イジることはおそらく無いですが、その内容は全て以下の記事にまとめています。

相当変わっていったので、見ているだけでも面白いかと思います。

ゼファーχ(ZR400C)の実燃費

ゼファーχはカタログ表記値(定地燃費値)で40㎞となっていますが、実際はどうでしょう。

タニモン
タニモン

平均して実燃費大体20㎞前後です。※高速はほぼ走らずの数値

正直良くもなく悪くもない数値ですが、やはりバイクの中ではあまり良くないです。
旧車なのでしょうが無いですが、同じネイキッドでも40㎞は珍しくありません。
カブなんて100㎞走りますしね(笑)

ただ、大体ガソリンMAX10Lくらい入るので下道でも200㎞は余裕で走ります。
街乗りが多いので、そんな長距離を頻繁に走ることはありません。
なのでバイクであまり燃費を気にしたことは無いですね。

ゼファーχ(ZR400C)の批評

メリット

タニモン
タニモン

実際に6年間乗り回したメリットを挙げていきます。

  1. 見た目・排気音
    正直全てコレです。
    バイクに関しては足で使うと言うより、趣味でのツーリングが多いため、自分がこのバイクを気に入るかどうかが大事でした。私は青年時代の憧れから購入したため、非常に満足です。
  2. 取り回しやすさ
    教習車ではCB400を取り扱っているところが多いため、初心者でも難なく乗りこなせます。形的にもTHEバイクという感じで非常に乗りやすいです。
  3. 汎用性
    ゼファーシリーズは非常に人気のバイクの為、カスタム品やメンテナンス品が豊富に充実しています。
  4. バイク仲間が増える
    これも上で挙げたように人気バイクの為、ゼファー乗りと言うだけで友達が増えやすいです。
    実際に私が街乗りで信号待ちをしているときに、隣のバイク乗りの方から『そのバイク良いですね~。』と声を掛けられたことがあります。

デメリット

タニモン
タニモン

それではデメリットも挙げていきます。

  1. 車両価格が高い
    コレですよね。今は特に欲しくても手が出ない。プレミアム価格になってしまっています。
  2. パワーが弱い
    一人で乗る分にはそこまで感じませんが、二人乗りの時は特に出だしが遅いです。信号待ちで横にいる同じ400ccのバイクに大幅に差を付けられてしまいます。スピードが乗ってきたときはあまり弱さを感じませんが、初速はあまり速くありません。
  3. シートが堅い
    ゼファーχに限ったことではありませんが、結構お尻が痛くなってきます。
  4. 盗難の可能性が高い
    高価なバイクと言うことで盗難の確率も高いです。バイクカバーや地球ロックは必須とも言えます。
  5. 故障の確率が高い
    旧車なので自ずと劣化してきます。私の場合は特に故障に見舞われたことはありませんが、特にオイル交換などをしっかりとして、事前のメンテナンスが重要です。

盗難や故障の可能性が高い旧車ですが、そういったバイクをお持ちの方におすすめなのが、
バイク業界トップクラスの盗難保険・ロードサービス【ZuttoRide Club】です。

カワサキ・ホンダ・ヤマハ・スズキなどの4大メーカーと提携しているオフィシャルパートナー企業の為、安心感も高まります。
バイクのロードサービス・盗難保険に特化したサービスなので、旧車や中古車にぴったりです。

\1分でわかるお見積もりはこちらから/

総評

総評としては、

タニモン
タニモン

あのときに買っておいて良かった~。

です。
Z900RSなども販売され、カワサキのZの血筋の人気は衰えることはありません。

正直ゼファーχはもちろんのこと、Zシリーズは見ているだけでも満足してしまいます。
今後もゼファーχの価値が落ちることは無いでしょうし、旧車は男のロマンがあります。

もしゼファーシリーズで購入を検討している方がいれば、この記事が参考になればと思います。

クリック<br>しタニモン
クリック
しタニモン

↑↑この記事が良かったらいいねボタンをクリック!

バイク
スポンサーリンク
▽名前クリックで詳細表示▽
この記事を書いた人
タニモン

岡山県出身、岡山にてサービス業へ就職。その後、首都圏に転勤し埼玉・神奈川・東京にて勤務。5年の店長経験を経て4年間のマネージャー職に従事。計10年で得た知識を元に役立つ知識を執筆中。
2022年2月株式会社アルバトロスを設立・代表取締役就任。
2022年3月退職代行サービス『退職代行モームリ』開業。

タニモンをフォローする(基本全てフォローバックします!)
タニモンをフォローする(基本全てフォローバックします!)
脱サラダメ男の奮闘ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました